クアラルンプールのゴリ飯

今年も海外旅行無理かな。。。

カテゴリ:-----KUALA LUMPUR----- > Bandar Menjalara

久しぶりのチュアおじさんのプラウンヌードル。
IMG20210225122735_00
お昼12時過ぎにこのショップロットに来ると駐車場は空いているスペースが無くて、2週目に隅っこにようやく1台分のスペースを確保。みんな外食出来なかったストレスを発散してるのかも。

久しぶりだったのでスタンダードなスープの蝦麺を、ミーとビーフンのMIXで注文。
IMG_20210225_184030
具材は1-2㎝ぐらいの小さな海老がそこそこ入っていて、あとは豚肉のスライス、ゆで卵、揚げエシャロット、青菜、もやし。

まずはスープを飲むと自分の好みに近い旨味と甘みのバランスで相変わらずの美味しさ。そこに揚げエシャロットをスープに浸して一緒に飲むとより一層旨味が加わってさらに美味しくなった。

ミーとビーフンは味、茹で加減ともまあまあだけどここの蝦麺はいつも変りなく美味しいのでまた行きたい。

 

麺屋 大和が入っているショッピングロットの南側、人も車もまばらなちょっと寂しい通りに入っているカフェに行ってきた。
IMG20201122171133_00
本当に寂れた通りにあるのでお客さんも少ないかと思いきやほぼ満席。こちらのお店も場所柄かお客さん、お店の人も全てチャイニーズで最初に話しかけられるのももちろん中国語だった。すまないねぇ、中国語分からんのよ。
IMG20201122165358_00
メニューはパスタなどがメインであったけどこの日はお昼は食べてきていたのでラテを注文。カウンターに注文しに行くとディスプレイにケーキや焼き菓子などが並んでいたのでスコーンを一個ついでに購入、ラテ10リンギとスコーン5リンギで計15リンギ。
IMG20201122160416_00
スコーンはバター、砂糖どちらも控えめであっさりしていたのでジャムと少しバターをつけてちょうどいい感じに。ラテはエスプレッソが強めで個人的に好きなタイプ。

このメニューとは別にホールケーキのメニューがあって10種類以上のラインナップがあったので、予約したら作ってくれるのかも。

IMG_20201122_193317

 

この日は久しぶりにケポンまで足を伸ばしてみることに。
IMG20201122154811_00
麺屋 大和や何度か訪問した飲茶のお店があるショップロットの中にあるカフェにお茶をしに行ってみると、休日の2時過ぎだったけどお客さんの半分以上はランチ目的の様子。場所柄なのかほとんどのお客さんがチャイニーズだった。
Screenshot_2020-11-22-19-30-26-93
メニューを見てみるとカフェなんだけどハンバーガーやパスタなどのご飯メニューが充実していて、ご飯を食べに行くお店っぽい。こちらはもうお昼は食べてきたし、軽くお菓子でも頼もうと思ったら結構大きめのサイズのワッフルしか無かったのでドリンクのみを注文。

コーヒーメニューは一般的なラテやモカなどもあったけど、ソーダが美味しそうだったのでグレープフルーツとライチのソーダをお願いした。
IMG20201122150420_00
こちらのソーダは甘さ控えめのすっきりした味わいで美味しかった。ちょっとグレープフルーツの存在感が薄かったけど。

次行くときはランチ、ハンバーガーを食べに行ってみたい。


 

この日は久しぶりにKepongまで行って、ダジャレの効いた店名のカフェでまったりと。
IMG_20200726_171033
場所は麺大和があるショップロットの東側、Tescoの向かいにあるビルの1階。日曜日だったのでお店の前に堂々と車を停めてお店の中に・・・人の姿が見当たらなかったのでお休みかと思ったら奥のエリアには人がたくさんいたので入店。
IMG_20200726_151825
お店の内装はなんとなくレトロなフューチャー感があって70年代の007の映画に出てきそうな雰囲気。メニューはカフェというよりファミレスっぽい感じでドリンクはもちろんフードもなんでもござれ、という感じかな。お昼は食べてきていたのでキャラメルマキアートを注文。
IMG_20200726_152913
・・・普段カフェに行っても頼まないメニューなのでキャラメルマキアートってこんな甘かったっけ?と思いながら1時間以上かけて飲み干した。美味しかったけど甘いから喉乾くね。何のための飲み物なんだ。

ドリンクは16リンギぐらいだったのでまあまあのお値段。広いお店で長時間居ついても気にされないと思うのでまた機会があれば。




 

週末のランチを食べにこちらのお店へ。お気に入りのプラウンヌードルのお店と同じショップロット。1時ぐらいだったけどお店の中、外にもお客さんがたくさん入ってた。
IMG_20200111_132913
店員さんが何人かいたのでその一人にポークヌードル1つ、と言うとジャパニーズ?と聞かれたので頷くと、ここはたくさん日本人来るよ、と言って日本語のブログを見せてくれた。ブックマークに入れていたのが随分と前なので覚えていないけど、自分ももしかしたらそのブログを見たのがきっかけかも。

ポークヌードル、麺はビーフンとミーのミックスを注文。やってきたポークヌードルはいつもの青唐辛子が入ったダシ醤油と、揚げたラードを小皿に入れて持ってきてくれた。
IMG_20200111_131726
スープを飲んでみると日本の濃厚な豚骨スープとは異なるけど、あっさりした味わいの中に豚の旨味が感じられる美味しいスープ。

具材は豚肉のスライス、つみれ、そしてレバーが数切れ。苦手なレバーだけど青唐辛子と共に食べるとまだ食べれるかな。

ポークヌードルとお茶で7.60リンギ。美味しかったので再訪アリ。

 

この日はケポンのホーカーセンターにランチを食べに行くと、お目当てのチキンライスが終わっていたので、そこから車ですぐのところ、以前行って美味しかったプラウンミーのお店に行ってきた。
IMG_20191222_141609
この店主の絵、前来た時も思ったけど、日本の某・Twitterでお金ばらまく成金に似てる気がする。

週末の1時ぐらい、お客さんでほぼほぼテーブルが埋まっていてこの日も盛況中。

注文したのはプラウンヌードルのドライ。汁アリのプラウンヌードルはいつも食べてるけど、ドライはもしかしたら初めてかも。
IMG_20191222_212948
ドライはこんな感じ。具材は汁アリと同じで小さな海老、ゆで卵、青菜、豚肉のスライス、そしてたっぷりのドライエシャロット。

その具材の下に麺、そして海老の旨味たっぷりのタレが入っていて、麺と具材を絡めて食べてみるとドライもなかなかイケる!美味しいやん!

横のスープはいつも食べてる蝦麺の汁で、こちらも海老の出汁が効いていて旨い。


美味しかったのでこのお店では次もドライ食べようかなぁ。
 

Kepongでプラウンミーを食べた後に久しぶりにDesa Park Cityへ。週末はいつも混んでいるので池の向かい側の駐車場へ。
IMG_20191027_152537
ここも久しぶりに来たら、前よりも犬を連れたお客さんが随分と増えた気がする。良い雰囲気で、犬を連れて行けるショッピングセンターって他に無いからなのかも。
IMG_20191027_140654
ランチはした後だったので地上階の角っこにあるこちらのお店で一休み。カフェラテのホットを注文。12リンギ。
IMG_20191027_140820
コーヒー飲みながら本を読んでいると雨が降って来たので雨宿りがてらひたすら本を読んで、雨が上がったら退散。その間にもお店の前を犬を連れたお客さんが、少なくとも10組は見かけた気がする。

ペット連れの人にはおすすめのスポット。
 

久しぶりのKepongで、多分初めて訪れるショップロット。Medan Putraっていう名前なのかな?
IMG_20191027_134043
お目当てのお店は蝦麺のこちらのお店。日曜日のお昼過ぎに行くとほぼ満席でなかなかの人気っぷり。
IMG_20191027_132047
タイガープラウン入りなどちょっと豪華なメニューもあったけど、基本のPrawn Noodleの大、麺はMeeとビーフンのMixで注文。お茶と合わせて9.60リンギ。安い。
IMG_20191027_132946
10分ぐらい待っているとプラウンミーが目の前に。具材は小さな海老、ゆで卵、フィッシュケーキ、豚肉のスライス、もやし、青菜、フライドオニオンとスタンダードな組み合わせ。サンバルの真ん中が緑色っぽかったので味見してみたらちょっと酸味のある、柚子胡椒に似た味わいのソースだった。


まずはスープを飲んでみると濃厚な海老の味わいが味わえて美味しい!これはなかなか美味しいプラウンミー。甘さ、辛さ、そして旨味のバランスが良い感じ。そこにサンバルを加えるとより一層辛さ、旨味が増してくる。フライドオニオンがたっぷり入っているのも高ポイント。

このお店、ドライの蝦麺もあったので、スープをあと2回ぐらい食べた後でトライしたい。


 

この日は久しぶりの麺屋大和。一年ぶり以上かも。
IMG_20190525_123856
週末の12時ぐらいにお店に着くとまだお客さんはまばらだったけど、食べ終わるころにはローカルのお客さんがそこそこ入ってた。場所柄もあってか日本人はいつも少なめ。

ラーメンは醤油や豚骨を食べたことがあったので、この日はつけ麺を注文。マレーシアでつけ麺を食べるのはスターリンモールの三ツ矢堂製麺以来かな。
IMG_20190525_120654
つけ麺のスープは日本でもお馴染みの豚骨魚介。スープはつけ麺用に熱々なので良い感じ。ただし麺がつけ麺にしてはちょっと風味が弱くてコシも物足りないかな。

具材はチャーシュー、玉子、キクラゲ、海苔、青ネギ。青ネギがこれでもか!という程たくさん入っていたのが嬉しかった。

そんな訳でこちらのお店はラーメンの方が満足感高め。

 

Bandar Menjalaraというエリアの大きなショップロットの中にあるディムサム(飲茶)のお店。

Bangsar Shopping CentreのThe Ming Roomが高級、AtriaのRestoran Jin Xuan Hong Kongがちょい高級だとすると、こちらのRestaurant Eden Dim Sum Cityは庶民向けのディムサム。

あまり凝った点心なんかは無いけどボリューム、安さに関しては文句なし。

英語話せる人は少なかった気がする(確かお姉ちゃん1人だけ話せた気がする)でも5分に1回ぐらい大きな籠の中に入った色んな種類の点心を持ってくるので注文するときは指差せばいいだけなので無問題。
 

小籠包はあるにはあるけど、中からスープがジュワーっと、というのは期待しないほうが良さそう。それよりもボリュームのあるシュウマイや海老の入った蝦餃、腸粉などのほうが満足度は高いと思う。


ただテーブルに常備してある点心用のタレは甘い黒味噌のタレなので、酢醤油がよければ持参するか、小籠包用の黒酢をなんとか英語で説明してもらう事が出来た。刻み生姜が乗った黒酢の写真をスマホに保存しておけば説明するの楽かも。


同じショップロットの中にこれまた庶民的な点心のお店、Restoran Ful Lai Dim Sumがあってこっちは豚まんが美味しかった。それ以外はまあどちらに行っても同じようなラインナップかな。