クアラルンプールのゴリ飯

今年も海外旅行無理かな。。。

カテゴリ:-----SHAR ALAM----- > その他

2度目のCMCOに入って初の訪問。平日13時過ぎにお店に着くとお客さんは一組のみ。。。なんとか頑張ってほしい。

ラーメンは何度も食べたのでこの日はあぶらそばを注文してみた。日本でもあまり食べたことないけど。あぶらそばはラーメンのように麺の硬さや味の濃さなどは調整できないみたい。
IMG_20201030_133202
やってきたあぶらそばは麺の上にチャーシューの細切れ、メンマ、ほうれん草、白ネギ、そして刻み海苔がたっぷり乗っていて、麺と混ぜ混ぜして食べるとタレが麺に絡んでなかなか美味しかった。

麺がちょっと柔らかかったのと、チャーシューが塩辛かったのが少し気になったけど悪くはなかったのでまた次注文するかも。

でもローカルの人で日本のラーメン屋さんに来てわざわざあぶらそばを注文するマニアックな人はいるんだろうか。。。


 

この日は久しぶりにSubang Jaya駅向かいのオフィスビルに入る壱角屋へ。

平日13時過ぎだったけどチャイニーズのお客さんで割と賑わってた。自分もチャイニーズの同僚と共に窓際のテーブルへ。

同僚は相変わらずのカツカレー推しで迷わず注文票に書き込むので、自分は久しぶりだったのでスタンダードな家系の味玉ラーメンを注文。麺硬め、味普通、オイル少なめで。
IMG_20201014_135513
5分ぐらいしてやってきた家系ラーメン、まずはスープを飲んでみるとクリーミーで濃厚な味わい。久しぶりに食べたからかいつもより美味しく感じた。この濃厚さはローカルのポークヌードルでは味わえない。

麺は硬めの茹で加減で具材もいつもと変わらない美味しさで、普通サイズのラーメンだったけど完食してお腹いっぱい。

前回スパイシーなラーメンでイマイチだったのもあって普通の家系ラーメンを注文したので、次はご飯モノのメニューに挑戦してみたい。


 

この日のランチはシャーラムのUOAに入っている家系ラーメンのお店へ。もう何回目になるかな。来るたびにポイントカードをもらっては次の時に忘れてしまうので1枚だけスタンプが押されたカードが溜まっていく。。。

今までずっとスタンダードな家系ラーメンばかりを注文してきたのでこの日はちょっとだけ冒険という事でスパイシーなラーメンを注文。麺硬め、タレ普通、オイル少なめで。
IMG_20200804_125144
やって来たのは真っ赤な丼鉢に入った真っ赤なスープのスパイシーラーメン。スープを飲んでみると口に入れた瞬間から辛さを感じるタイプのスープで豆板醬の味が強め。あまり辛さの中に旨味みたいなものを感じなかったのでもしかしたら辛味の要素が豆板醬だけなのかも。個人的にはスタンダードな家系のラーメンの方が全然好きかな。

でもここのラーメン屋さんは麺の硬さをしっかり調整してくれるのがありがたい。また次は一度家系を挟んで違うメニューに挑戦してみたい。


 

またまたシャーラム、UOAにある壱角家を再訪。 IMG_20200211_154516
この日のランチは久しぶりに家系ラーメン。 この前一緒に食べに行ったチャイニーズの同僚はここのカツカレーにハマっているらしいけど、自分はいつも醤油ベースの家系ラーメンしか頼んでない。真っ赤でスパイシーなラーメンも興味はあるけどスタンダードなメニューを選んでしまう自分はチキン野郎。。。 そんな訳でこの日も醤油ベースで、チャーシュー、味玉、海苔が追加でトッピングされたMAXメニューを注文。麺は固め、醤油普通、油少なめで。何度かカスタマイズを試してこれが自分には一番良い感じ。 周りのお客さんは当然ながらマレー系はおらずほとんどがチャイニーズで、日本人っぽいお客さんがいるかいないか、たまに白人の姿も。スタッフの中に日本人は今はいないみたい。 麺の茹で加減は満足いく固さでスープもオイル少なめだと個人的にはちょうど良い加減の満腹感。 でも次は、次こそは別のメニューを食べてみたい。

最近よく通っているシャーラムのAeonに入る吉野家&はなまるに、この日もランチを食べに行ってきた。

前日からずっとうどんモードだったので吉野家の牛丼に僅かに惹かれながらも温玉スパイシーぶっかけ肉うどんを注文。以前は日本同様、はなまるのカウンターで注文してセルフで天ぷらをピックアップする方式だったけど、セルフがどこもNGなので吉野家と同じカウンターのレジで注文&精算。
IMG_20200619_134223
10分ぐらい待って出来たうどんは日本でもお馴染みの温玉ぶっかけ肉うどんに真っ赤なペーストがお肉の横に乗っていて、まずはそれを避けて一口だけ普通にぶっかけうどんを堪能。うん、コシがあって美味しい。

そしていざペーストをうどんとかき混ぜると、一気に丼の中が真っ赤になり辛旨でマレーシア料理に変貌。甘辛いサンバルとは異なるけどお肉、うどんのタレとも合う味付け、そしてスパイシーな料理が得意な自分でも辛いと感じるスパイシーさでリピートありな一品だった。

とは言ってもここに来るとまずは牛丼との闘い、そしてスタンダードなうどんとの闘いがあるから頻繁には注文できないんだけど。

 

この日のランチはシャーラムのAeonの吉野家へ。
IMG_20200220_121309
CMCOに入ってから一度訪れるとその時はまだテイクアウトのみだったけど、この日ははなまると共にイートインも可能だったので心の中でスキップしながらレジカウンターへ。
IMG_20200528_133722
今もやってるかは不明だけどこの時プラス4リンギで肉2倍という嬉しいキャンペーンがあったので物は試しと注文してみた。日本では2倍かどうかは知らないけど、頭の大盛りとかいう名前で正式メニューになってたはず。

デリバリーの注文が多く、15分ぐらい待つけど大丈夫?と聞かれたので頷いて本当に15分ぐらい待っているとブザーが鳴って牛丼を取りにカウンターへ行って、ついでに紅ショウガと七味も投入。
IMG_20200528_135812
お肉がちょっと横に偏っていたので2倍っていうほど入ってないんじゃない???と思いながらお箸を丼に入れてみると、カレーライスみたいにご飯&牛肉をよそっていた事が判明、もしからしたら2倍じゃ済まないぐらいの量の牛肉が入ってた!

Grab Foodで吉野家のページを見ると、Beef BowlにRegular、Large、そしてDouble Beef Bowlの選択肢があった。これを書いてる時点ではUnavailableで注文できないけどメニューに入っているってことは時間や状況によっては注文できるのかな。次試してみようかな。
IMG_20200528_133924

 

この日はシャーラムの小さなショップロットに入るイエメン料理のお店、その名も「Yemeni Restaurant」へ行ってきた。
IMG_20200306_140644
平日13時半ごろ、お客さんはインド系の人が数組いたかな。近所にモスクがあるからマレー系の人で混んでるかと思ったけどそうでもなく。
IMG_20200306_133908
今まで行った中東系のレストランの中では内装や店員さんの服装などで一番洗練されたお店だと思う。


ドリンクがついてくるお得なランチセットがあったけど、シュワルマ=サンドイッチが食べたかったのでメニューの中からLamb Kebab Sandwichを注文。10リンギ。

それからサラダも、という事でTaboulehというパセリがメインのサラダ、そしてArabic Mint Teaも。それぞれ10リンギと2リンギ。
IMG_20200306_134130
Arabic Mint Teaは紅茶にミントが入ったお茶。それに砂糖をお好みで。昔モロッコで飲んだものは緑茶にミント&砂糖だったけど、国によって違うのかな?口の中にミントの爽やかな香りが残るのが好き。
IMG_20200306_134822
Tabboulehというサラダはここ20年分ぐらいのパセリの個人消費量を上回るぐらいのパセリ尽くし、それにトマト、キュウリ、玉ねぎのみじん切り、そしてレモン汁とオリーブオイルがかかっていてさっぱりとした美味しいサラダだった。
IMG_20200306_135210
そしてメインのサンドイッチ・・・これだけ?10リンギの時点でこのボリュームである事を察するべきだったか、でも中にケバブやフライドポテト、野菜などを詰め込んでギュッと包んで外を焼いているので、2本食べると意外とお腹いっぱいになった。

味の方はヨーグルトのソースが良い感じで効いていてなかなか美味しかった。


でもやっぱりご飯がついてくるランチセットの方が明らかにお得感ありそうなので、次はそれを頼んでみようと思う。
IMG_20200306_140600

IMG_20200306_140613

IMG_20200306_140626

 

アクセスしやすいところに吉野家・はなまるうどんが出来たのが嬉しくてすぐに再訪。この日はうどん。
IMG_20200220_121309
日本でもおなじみのメニューやカレーうどんが並ぶ中、注文したのは温玉ぶっかけ、それにちくわ天とから揚げ、お茶で21リンギ。天ぷらは海老天、イカ天などベーシックなものからかき揚げかと思いきや、えのき天まであった。
IMG_20200225_224407
うどんは予想以上にコシが強くて讃岐うどん!という食感を久しぶりに味わえて満足。3リンギ追加して麺多めにしてもらったのでお腹いっぱい。

天ぷらは時間が経っていたみたいで揚げ立てではなかったけど、まあまあ美味しかった。

今日はお店が空いてたからズルズル言わせてうどんを食べたけど、近くに現地の人がいるとちょっと遠慮してしまう。欧米に比べたら麺をすする事に対してそれほどの嫌悪感は無いみたいだけど。。。


 

シャーラムのイオンに吉野家&はなまるうどんが入っていると知って、久しぶりの吉野家ランチ。スバンジャヤのSS15に入ってた吉野家も1年前ぐらいにクローズしたので、ここ一年ぐらいほとんど行ってなかったなぁ。
IMG_20200220_121309
お昼12時ぐらいにイオンに到着するも初訪問、フロアマップが無い、Google Mapにもフロアの記載が無くて10分ぐらい彷徨ってようやく1Fに吉野家&はなまるうどんを発見。この近くのオフィスや工場の人なのか、日本人グループもちらほら見かけた。
IMG_20200220_121347
注文したのはお店おすすめの温玉牛丼のセット、19.60リンギとお茶1.50リンギで21.10リンギ。日本でも同じぐらいの値段だけど、チキンライスなどと比べるとやっぱり高く感じる。

テーブルで数分待っていると渡されたブザーが鳴ってカウンターへ。紅ショウガ、七味もちゃんと用意されていたので適量取って、さっそく牛丼を食べてみると予想してたより美味しかった。
IMG_20200220_122116
こっちの吉野家の牛丼はおそらくお酒を使ってないので、日本で食べていた牛丼に比べるとちょっと物足りない感じがあったけど、この日の牛丼は普通に美味しかったなぁ。

はなまるも長いこと行ってないし、場所も分かったのでまた近いうちに。


 

またまたシャーラム、UOAにある壱角家を再訪。 IMG_20200211_154516
この日は近くに新しいレストランがオープンしたのもあってか、前回訪問した時に比べるとお客さんはちょっと少なめ。 前回は家系ラーメンの塩ベースを食べたので今回は醤油ベースで、スタンダードのラーメンのサイズ大で。あと温かいお茶も。 IMG_20200215_202529
10分もしないうちにやって来たラーメンは、前回と変わらず硬めの麺が食べ応えがあって美味しい。そして豚骨スープの方は塩よりも醤油の方が濃厚で、より豚骨の旨味が味わえる気がする。個人的には醤油ベースの方が好きかな。 具材はどれも美味しかったけど、ほうれん草はマレーシアの味が。だから悪いって訳ではなく日本のほうれん草の味とはちょっと違う感じがした。 ご飯モノのメニューを改めて見てみると麻婆豆腐丼とかあるんだ。。。ラーメン飽きるほど食べたらそっちもトライしてみないと。

この日のお昼はUOAというオフィスビル街の中に新しくできた家系のラーメン屋さん。日本から進出してきたみたいだけど、なんでこのビル??? IMG_20200206_233334
12時前にお店に行くとお客さんはちらほら入っていただけだったけど、12時を過ぎるとチャイニーズ、日本人、欧米系のおそらくこのオフィスビルで働く人たちが続々とお店に入って来た。 IMG_20200205_115404

IMG_20200206_233412
こちらの家系、醤油ベースと塩ベースがあったので塩で、味玉ラーメン大を注文。麺の硬さ、スープの濃さ、油の量が選べたので麺かため、スープ、油普通で注文。24リンギ。お茶が飲み放題で2.50リンギ。 IMG_20200206_233519
やって来たラーメンはチャーシュー、ほうれん草、海苔、玉子、そしてなぜかうずらの卵まで入ってたけど見た感じは日本でもおなじみの家系。スープもこれぞ家系って味で醤油ベースではないので若干物足りなさはあったものの美味しく頂いた。 ここまで太い麺で硬くて歯ごたえがあるのはこちらではなかなかお目にかかれないので嬉しかった。 丼モノのメニューもあったけど、当分はラーメンばかり注文してしまいそう。また行きます。

IMG_20200205_115741

IMG_20200206_233535


平日の夜、久しぶりにピッツァを食べにこちら、WOPへ。
IMG_20191217_200357
8時ごろお店に着くとお客さんは・・・いない。元々人が少ないショップロットなので若干心配しながら今回は外のテーブルでオーダーをしているとチャイニーズ、そしてマレー系のお客さんが何組か入ってきたので一安心。

今回注文したのは前回美味しかった自家製モッツァレラを使用したカプレーゼ、そしてベーシックなマルゲリータ。
IMG_20191217_201357
相変わらずのでかいバジルの葉っぱ、チェリートマト、そして美味しい自家製モッツアレラ。ワインとか持ち込みしたら怒られるのかな?
IMG_20191217_201825_1
そしてマルゲリータ。こちらの窯ではしっかりと薪でピッツァを焼き上げているので生地に風味が出ていて美味しい!ただ個人的にはトマトの味がちょっと薄かったかな。

パスタのメニューは食べたことないので、次はパスタも注文してみよう。
IMG_20191217_200734

IMG_20191217_200727





この日のランチは初めて訪れた、Utropolisという小さなショッピングモールへ。
IMG_20191122_140104
このモール、郊外の倉庫・オフィスエリアの中にポツンとあるけど、ニーズはあるんだろうか?周辺で働く人がご飯を食べに来るのかな?

今回食べに行ったのはそのモールの中に入っている韓国料理のお店。平日13時過ぎに向かうとお客さんが結構入っていた。

注文したのはスンドゥブ定食、お水と合わせて21.35リンギ。
IMG_20191122_134431
ぐつぐつと煮えたスンドゥブは中にアサリや海老が入っていて、海鮮の出汁も少しながら感じられてなかなか美味しい。前菜3品はぼちぼち。 ただ強烈に違和感があったのが白ご飯。硬い!硬すぎる!という訳でご飯を丸ごとスンドゥブの鍋の中に投入、少し馴染ませると違和感なく食べれた。
IMG_20191122_134549
スンドゥブ自体は美味しかったけど白飯の炊き加減、あれがこのお店のデフォルトだとするとスンドゥブやチャーハン以外は厳しいなぁ。もう一回ぐらい行ってみようかな~。。。
IMG_20191122_132844


IMG_20191122_132851


IMG_20191122_132906

IMG_20191122_132933



この日のランチはシャーラムの、このお店ぐらいしか営業していないような小さなショップロットへ。
IMG_20191119_132045
お店に入るとほぼ満席。小綺麗な店内でメニューはマレー系の料理やピザなど西洋料理もあったりして、マレーシア版のファミレス。想像だけど、マダムクアンが大きくなる前ってこんな感じだったのかも。
IMG_20191119_125715
注文したのはメニューの写真が美味しそうだった、Nasi Putih Rendang Aceh。Nasi=お米、Rendang=煮込み、Aceh=アチェ?インドネシア?Putihは「白」だそうで、Nasi Putihは白ご飯。
IMG_20191119_130222
こんな感じで細長い楕円形のプレートがやって来た。ご飯の横のおかずが恐らくRendang Aceh。これは牛肉の甘辛煮で、スパイシーさを除けば和食と言われてもそんなに違和感のない味付け。青唐辛子がたくさん入っているのは要注意。
IMG_20191119_130233
右側の野菜はレモン汁で和えていて意外な味付けで美味しかった。

またラクサや他のメニューも食べに行ってみたい。

IMG_20191119_125242

IMG_20191119_125223

 

この日の晩御飯は初めて行くこちらのお店。
IMG_20190904_194247
場所はシャーラムのでっかいスタジアムの近くの小さなショップロット。

ピッツェリアなので在馬の欧米人向けのお店かな?と思って行ったらお酒、豚肉無しの完全にローカル向けのお店だった。まあこの辺は欧米人自体がほとんど見ないからターゲットにはできないかも。

注文したのはPortobello with Truffle Oil、Spciy Shrimp Garlic、そして前菜にカプレーゼ。
IMG_20190904_195734
まずやってきたのはカプレーゼ。モッツァレラとプチトマトと・・・バジル?バジルにしては葉っぱが大きくない?とかなり疑念を持ちながらそのハーブの欠片をかじってみると、お、確かにバジルの香り。

そしてモッツァレラ、市販品ぽくない食感でとても美味しかったのでメニューを見直してみると、In-house made local buffalo milk mozzarella=地元の水牛のミルクから手作りで作ったモッツァレラ、との事!マレーシアに水牛がいる事に、そしてこんな、と言っては失礼だけど手作りのモッツァレラチーズを出すお店がある事にビックリ。塩も岩塩を使っていてこだわってる。
IMG_20190904_200351
お次はPortobello、キノコのピッツァ。食べる前からトリュフオイルの香りがすごい!本物のトリュフじゃないのはまあ仕方ないけど、生地もクラストがパリパリで香ばしくて文句なし。
IMG_20190904_200747
こちらはSpicy Shrimp。トマトソースにチリが入っているのかピリッと辛くてこれはビールに合う!けどビールは無い!なんとも悩ましい思いをさせられる、こちらも美味しいピッツァだった。

正直なところお店の外観を見た時は、あ、これは外したかも、と思ったけどぜひまた食べに行きたいと思えるピッツェリアだった。
IMG_20190904_203320



 

IMG_20190904_194505
IMG_20190904_194729
IMG_20190904_194735


地元の同僚に魚を食べに行くぞ、と言われて行ったのがShah Alamの小さなショップロットにあるこちらのお店。
IMG_20190718_201410
夜8時過ぎにお店に行くとシンプルな造りのオープンスタイルのお店で、メニューはナシレマなどもあったけどここは魚をば!という事でティラピアを選択したら品切れだったのでIkan Bawalのセットを注文。
IMG_20190718_201454
Ikan Bawal=マナガツオ、らしい。カラッと揚がったマナガツオ、白ご飯、カレー、そして黒酢ベースのソースとチリソースがついてきて12リンギ。魚料理は良い値段するマレーシアの中でこの値段はなかなかお得なのでは。出てくるのは魚とライスとカレーだけだけど。
IMG_20190718_203126
フォークとスプーンで骨から肉を切り離して、ソースをかけて食べてみると外はカリカリ、中はふっくらで、パーフェクトな揚げ方ではないにしろ普通に美味しく食べれた。

ソースはどちらもかなり辛いので、苦手な人はポン酢なり持ち込んでいった方が良いかも。


Sotong=イカは18リンギで見た目も味もイマイチだったみたいなので、次こそはティラピアかな。メニューの名前からググってみたら、

Sotong=イカ
Keli=ナマズ
Pari=エイ
Bawal=マナガツオ
Cencaru=アジ
Kembung=サバ科の魚?
Tilapia=ティラピア
Siakap=鯛

との事。そうなるとCencaruも食べてみたくなるなぁ。


この日の晩ご飯はシャーラムの小さなショップロットにあるママックにて。

パっと軽く済ませたかったのでビーフン・ゴレン目玉焼きのせとストレートティーを注文。
IMG_20190522_032936
ビーフンゴレンは目玉焼きの半熟加減が良い感じ。でもビーフンゴレンの味付け自体はいたって普通。まあ悪くは無いけど特筆するものもないかな。。。

ここはいつ行っても駐車場が空いているのが良いところ。それ以外に関してはいたって普通の、普通に24時間営業しているママック。

KLは至る所に24時間営業のママックがあるけど、そんなに夜中の需要があるもんなんだろうか。

 

この日のランチはSS15から北上してハイウェイを越えて、シャーラムのショップロットに入っているアラブ料理のレストラン。

平日12時過ぎにお店に入るとテーブル席はほぼ満席で、一番奥のテーブルに案内された。2階にもテーブルがあるみたい。


1人から頼めるミールがあったので、1 Person Lambというセットミールを注文。あと前菜盛り合わせの小サイズも。ドリンクはアラブのミントティー。モロッコで飲んだなぁ、懐かしい。


さてまずは前菜の盛り合わせが。
IMG_20190426_124259
おなじみの豆のペーストが2種類、そしてサラダ、ブドウの葉っぱで巻いたドルマデスという一品など。どれもあっさりした味付けで美味しい。パクチーかと思って恐る恐る食べたサラダは全部パセリで一気にハッピー♪
IMG_20190426_124347
そしてラムのミール。ラムは香辛料をたっぷりかけて焼いたののぶつ切りで、柔らかくて味も美味しかった。香辛料たっぷりだけど辛さはほとんど無くマイルドな味わい。

ライスは長粒で久々に嗅ぐ長粒米の匂いが懐かしい。マレーシアでもこれほどの長粒米って中華系のレストランはもちろん、ナシレマでも使わないからね。

4人で行くとお得なメニュー(4人で70リンギぐらいのセット)があったので、またそれ狙いで行ってみようかな。


IMG_20190426_122138


IMG_20190426_122144


IMG_20190426_122155


IMG_20190426_122201

この日のランチはシャーラムの郊外、ニュータウンとでも呼ばれてそうなエリアにあるこちらのレストランへ。
IMG_20190425_125337
平日12時過ぎにお店に入ると先客がちらほら。この辺のオフィスの人っぽい。
IMG_20190425_122557
メニューを見るとお得なランチセットもあったけど、このお店の名物とのチキンチョップのプレートを注文、22リンギ。それとアイスティー4リンギ。ソースが4種類から選べたので、オススメとのペッパーソースを選択。
IMG_20190425_123742
10分ほどしてやってきたチキンチョップは・・・あ、そうか、チキンチョップって揚げたチキンだった事をすっかり忘れてた。ポークチョップとは調理方法が違うのね。。。もしかしてマレーシアではポークチョップも揚げてるんだろか?でも、でもでもメニューにはPan Fried Chicken って書かれてるし、Pan Fried ってパン粉つけて揚げる、って意味ではなくフライパンで炒める、って意味なのに。。。


そんな事を考えながらいざチキンチョップを食べてみると、ブラックペッパーのグレービーがかかっているけど衣はサクサク、クリスピーな食感でカラッと揚がっているので食べやすく、またグレービーソースも美味しかった。


次に行く機会・・・あれば次こそはグリルチキンを食べてみたい。
 IMG_20190425_122221
IMG_20190425_122145
IMG_20190425_122316

Subang空港の北にあるホーカーセンターへ、プラウンミーを求めて3度目の訪問をキメてきた。
IMG_20190315_115411
この日は平日のお昼前、この日にプラウンミーにありつけないなら縁が無かった事にしようと思いながらショップロットに着くと・・・蝦麺のお店は営業中!3度目の正直!

このショップロットは新しくてまだお店が半分も入っていないから駐車場が空いていて楽♪ 遠いけど。
IMG_20190315_115350
そんな訳で念願の蝦麺を、サイズ大で注文。10リンギ。お茶は0.50リンギ。

5分ほどで蝦麺が目の前に。デカい!海老がいっぱい入ってる!
IMG_20190315_114201
こちらはレンゲに海老チリソースが入っていたのでスープに溶かして飲んでみると・・・旨い!海老味噌がたくさん入っているのか、甘味、辛味、僅かな苦味など複雑な味わいが合わさって非常に美味しいスープだった。

具材は海老が6-7匹、大きなサイズだったので満足感アップ。あとは鳥のささ身、青野菜、フライドエシャロット、茹で卵等々。


念願のプラウンミーだったけど、過度な期待にも負けない美味しい一品だった。また食べに行きたいし、他の屋台も美味しそうだったのでそれも挑戦してみないと。
IMG_20190315_170616
ホーカーセンターの中にあったエッグタルト。甘さ控えめで美味しかったけど、やっぱり焼き色がついてないと風味に物足りなさを感じるのは自分だけ?
 

以前お正月に来た時に祝日だからか夜遅かったからか、ほとんどの屋台が開いていなかったShar Alamのホーカーセンターに朝ご飯を食べに行ってみた、けどこの日は屋台はたくさん営業していたものの、そのお目当ての蝦麺のお店はこの日も営業してない。。。
IMG_20190212_074123
もう蝦麺しか食べたくなかったので、隣のホーカーセンター988に行ってみると蝦麺発見!
IMG_20190212_072639
そんな訳で蝦麺を注文。麺はクイティオで。
IMG_20190212_073110
5分ほどでやって来たプラウンミーはデッカイ海老が2匹も入ってお値段は7リンギ!安い!

麺はツルツル、ちょっと柔らかめ。スープは海老の出汁がたっぷり入っていて、そこに揚げエシャロットのコクが加わってなかなか旨い。サンバルを全部加えても辛さは控えめ、バランスの取れたスープだった。


またまた空振りに終わったFullHouse Cafeのプラウンミーだけど、この988のも美味しかった。ちょっと遠いから次はいつ行けるかなぁ。
IMG_20190212_074102

 

ちょっと遠出してShar Alamのこちらのホーカーセンターへ。
IMG_20190101_204154
お目当てはプラウンヌードル、蝦麺。しかしこの日は、という事で蝦麺やってねー。というかすでに夜の8時半ぐらいだったので、営業している屋台も2つのみ、とメチャクチャ寂しい状況だったので、その中でまだ食指がわずかに動いたタイ料理の屋台でパッタイと野菜炒めを注文。どちらも7リンギ。
IMG_20190101_201454
このホーカーセンターが入っているショップロット自体が新しいというのもあると思うけど、ホーカーセンターとは思えないほど清潔感が漂っていて、今後はこういうお店が増えるのかなと期待させられた。日本人でもホーカーセンターが衛生面、というかイメージ的に無理な人多いだろうし。
IMG_20190101_202830
パッタイは見た目はパッタイなんだけどパッタイ感がなく、チャークイティオをタイ風に調理しました感満載の一品。麺の食感がやっぱり違うのかな。普通に美味しく食べれるんだけど違和感満載の一品だった。
IMG_20190101_203213
野菜炒めはカンコンブラチャン(空心菜の唐辛子炒め)が無かったので他の野菜で注文したら、歯ごたえがあって美味しいんだけど塩気が強すぎてちょっとキツかった。ビールと一緒ならなんとかいけたかも。


そんなわけで近いうちに今度こそプラウンミーを食べに行ってみたい。