クアラルンプールのゴリ飯

今年も海外旅行無理かな。。。

カテゴリ:-----KUALA LUMPUR----- > Mid Valley

この日のランチはMid Valley、The Gardensの上にあるこちらのお店。
IMG_20200621_132813
かなり広々とした店内で・・・あれっ、このお店来たことがある!数年前、まだクアラルンプールに移住する前に訪問した際に宿泊したThe Gardensの朝食バイキングを食べたカフェだった。
IMG_20200621_123158
いつもは分からないけどこの日はランチセットがあったのでそれを注文。まずはサラダ、オレンジのドレッシングが甘すぎず酸味が効いててなかなか美味しい。
IMG_20200621_124831
そしてメインはチキンか魚かを選べたのでチキンで。料理の名前はMushroom stuffing chicken roulade served with summer vegetables and Bordelaise sauce、要するにマッシュルームのチキンロール、夏野菜とボルドー風ソースと共に、みたいな感じ。

チキンとマッシュルームの組み合わせ、そしてソースも具材と合っていて美味しく頂いた。このソースはワインを使ってるのかな?やっぱりハラルだったんだろうか?
IMG_20200621_130653
最後はフルーツの盛り合わせ。一見豪華だけど朝食バイキングで利用したことがある者としては・・・そりゃフルーツたくさん使えるよね、と思わず笑みが出てしまった。美味しかったしもちろん嬉しいんだけど。
 IMG_20200621_132748

どこに行っても「久しぶりに」と書いてしまうこの頃だけど、この日も近くに用事があったので「久しぶりに」Mid Valleyへ行ってきた。
IMG_20200608_135150
お昼時だったのでモールでランチを食べる事になり、どこにしようか考えてそういやMid Valleyの星乃珈琲店に行ったことが無かったので試しに行ってみる事に。

ランチメニューはカレー、オムライス、パスタぐらいでそんなにバラエティ豊富という訳ではないんだな。前回、Empire Shopping Galleryではチキンカツカレーを注文したけどこの日もカレーのメニューからPot Baked Curry Riceを注文。鉄鍋カレー?
IMG_20200608_131041
20分ぐらい、結構待ってようやくカレーがやって来た。グツグツ、熱々。

鉄鍋の中で沸騰しているカレーを食べてみると久しぶりのザ・日本のカレーっという懐かしい味わい。たまに無性に日本のカレーが食べたくなるから良いタイミングだった。

具材は鶏肉、鶏肉のソーセージ、ブロッコリー、半熟玉子、そしてたっぷりのチーズでとにかく冷めない!いつまでこの熱々が続くねん!と言いたくなるぐらい、猫舌ではないのにかなり時間をかけて完食した。


食事メニューを注文したらデザート&ドリンクが半額になるプロモーションをやっていたけど、デザートはもうお腹に入らなさそうだったのでコーヒーだけ注文。コーヒーは苦み少なめのマイルドな味わいで普通に美味しかった。


モントキアラに出来たら人気でそうなのになぁ。


 

この日はミッドバレーでランチ、という事で星野珈琲に行ってみたら行列は無いけどお客さんがいっぱいで、あまり時間が無かったので久しぶりに吉野家へ。
IMG_20190916_115515
注文したのはスタンダードの牛丼、みそ汁、半熟卵、サラダ、そしてお茶のセットで21.50リンギ。
IMG_20190916_114339
マレーシアの吉野家で牛丼を食べるのは1年以上ぶりになるけど、改めて食べるとやっぱり日本で食べるのとはかなり風味に差がある気が。お酒を使えないから仕方ないかな。

でも紅ショウガ、そして七味唐辛子をたっぷり投入して食べると日本で働いていた時を思い出してしまう。
IMG_20190916_114333
牛すき鍋膳とかあったらいいのにな。でも生卵がNGか。


 

この日はミッドバレーで晩御飯。
IMG_20190814_192401
どこにしようか迷って、結局お昼に行ったことのあるドイツ料理のこちらのお店へ。場所はMid Valley地上階の外廊下の北側。まだ7時前だったけど、家族連れや一人でビールを飲みに来ている人もちらほら。華僑、インド系、白人のお客さんが同じぐらいの割合でいた気がする。


注文したのはSchnitzaという母音少な目の、豚肉の上からトマトソース、チーズ、オリーブなどを乗せたイタリア風の一品と、THURINGER BRATWURSTというぐるぐる巻きのソーセージのセットを2人でシェア。
IMG_20190814_190547
Schnitzaはポークソテーかと思っていたらフリッターだった。オリーブ、チーズは良いとして、サラミまで肉の上から更に載せてくるのはさすがのゲルマン魂。でもトマトの酸味が良い感じでチーズ&フリッターのコテコテ感を隠してくれていて美味しかった。さすがこちらはイタリアの技。

ソーセージはマスタードをたっぷりつけて食べるとスパイスの香ばしさと豚肉の旨味がたっぷりでこちらもとても美味しかった。

惜しむべきは車で来たので飲めなかった事。次は必ずビール飲む!

 

この日は久しぶりにミッドバレー、そして久しぶりの鼎泰豊でランチ。
IMG_20190227_125429
Mid Valley & The Gardensの地下の食堂街もしばらく行かないうちに随分とお店が増えたような、でもその割に行ってみたい!と思うお店が増えた訳じゃないのが悲しいところ。モールの食堂街ってそんなもんか。
IMG_20190227_120907
12時前に鼎泰豊の前に行くとさすがにこの時間だと空席が目立っていて、すぐにテーブル席へ案内された。でも帰るころにはほぼ満席だった、さすが人気店。
IMG_20190227_122617
小籠包
相も変わらずの美味しさ、ジューシーさ、薄いのにスープを逃がさない頑丈な衣で大満足の一品。6個14.50リンギ。約400円!日本だと900円以上するみたいなので半額以下で食べられるのは嬉しい限り。

噂によると鼎泰豊の小籠包が一番安いのがマレーシアなのだとか。確かに400円と考えると安いよな~。

IMG_20190227_123016
蟹味噌小籠包
鶏肉と豚肉が選べたのでもちろん豚肉で。普通の小籠包に比べると蟹味噌のコク&油分でこってりした味わい。22.20リンギ。約600円。
IMG_20190227_122912
蝦麺のドライ、青菜と豚肉の炒め物
麺が絶妙の茹で加減、味もしっかりあって美味しかった。甘めのタレも麺と絡んで旨い。初めて食べたけどリピ決定の一品。

インゲンの炒め物は豚肉も加わってこちらもご飯が欲しくなる美味しさ。


他に注文した豚まんや海老チャーハン、どれも美味しくて3人で150リンギぐらい。普段使いの中華に比べると確かに高いけど、料理の質が高いところで安定しているので満足いくランチだった。