クアラルンプールのゴリ飯

今年も海外旅行無理かな。。。

カテゴリ:-----KUALA LUMPUR----- > Kuchai Lama

Kuchai Lamaから少し西、大きなT字路の交差点の近くにある和食風のお店。

和食風、としたのはお店の人もお客さんも完全に現地向けで、日本で食べる和食とは異なるのでそれが問題なければ、うどんやら丼ものやら面白いメニューがあったので試しに一度行ってみるのも良いのかも。

さてこの日注文したのは鯖のグリルにソースのかかったものと、ごはん、お味噌汁のセット。


IMG_20180625_125426

鯖の焼加減は皮パリパリで身がふっくらしていて良い感じ。でもソースは正直ちょっと塩辛かったのと、あまり好みの味付けではなかったかな。
 

近所にあればもう一回ぐらいトライしてみたいところだけど、それほど近くもないので次に行く機会は当分先になりそう。

KLに山ほど中華料理があるのに意外と少ないのが四川料理のお店。

たまに辛いの、というよりあの華山椒の痺れが恋しくなって食べたくなるので、色々と調べてたどり着いたのがこちら、川香阁。 

平日のお昼過ぎにお店に行くと、お客さんは半分ぐらいの入り。確かランチセットが無いお店なので、お昼はお客さん少ないのかも。

注文したのは定番の四川麻婆豆腐、そして水煮魚などなど。

麻婆豆腐は辛さ、痺れは満足いく出来だけど、旨みが足らないのでどうも物足りない味付け。
IMG_20180610_131158

KLで何店かで麻婆豆腐を食べたけど、どこも上記感想になっちゃうんだよなぁ。これが本場の味、って事なんだろうか?それなら日本で食べる本格的な四川麻婆豆腐の方が好きだな。どっちが本格的なのかは不明だけど。

IMG_20180610_125917

水煮魚は、白身魚を唐辛子、華山椒などのスパイスとオイルでグツグツ煮込んだ四川の定番料理。写真では見えないけど、大量の唐辛子の下に白身魚が丸々1匹隠れてる。

これを食べると辛さと痺れが口の中で暴れまわるのに、なぜか爽やかな風味が口の中に残るこの感じが爽快。これはまた次行った時も食べたい。


他に野菜炒めやらなんやら頼んで満足のいくランチだった。